• 鉄道模型レイアウトを楽しく作る情報サイト

第25回を一片の隙間風景チャンネルにアップしました。

山岳線モジュール、アイコンの2つ目、沼の製作の様子のご紹介です。
今回初めて水の表現にチャレンジしました。
流し込みの成功のコツは、正しい計量と正しい攪拌になります。
透明感のある静かな湖面を再現できたかと思います。
動画後半では、沼付近を走行する車両の様子もお届けします。

ちなみに、沼の材料はこちらです。

KATOブランドで販売されている ディープウォーターです。
2液混合タイプの樹脂です。扱いはかなり楽です。
今回はこれに、色をつけるために、同製品シリーズの波音カラーを使いました。

ディープウォーターの詳しいご紹介はこちらのサイトにアクセスしてください。

related items

KATO ウォーターシステムシリーズ ディープウォータークリア 24-346 鉄道模型用品

新品価格
¥2,427から
(2020/7/16 20:45時点)


KATO ウォーターシステムシリーズ 波音カラー モスグリーン 24-352 鉄道模型用品

新品価格
¥530から
(2020/7/16 20:46時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA