• 鉄道模型レイアウトを楽しく作る情報サイト

小石を設置する前に、鉄橋を置いて全体のチェックします。

鉄橋の色グレーですが、これはサーフェーサーを塗布した状態のためです。
塗装状態は別の記事でご紹介します。それでは、アップで見ていきます。

橋脚周りも色々…。

橋脚は仮置きですので、本固定します。隙間に石膏を流し込んでいきます。
デッキガーダーを設置した状態で橋脚の位置を決めていきます。

接着剤固定よりこの方法が確実かと思います。隙間にきっちり浸透します。

流し込みました。硬化後塗装します。
これで下準備は完了。小岩を置いていきます。今回使用する材料はこちら、

少し大きな小岩はモーリンのクラッシャブルストーン。
少し小さな小岩はHOゲージ用の会津バラストを使用していきます。

橋脚周りを中心に設置していきます。まずはクラッシャブルストーン。

次に会津バラストです。大岩の隙間に入れる感じで置いていきます。

今回はここまでです。作業は佳境に入りつつあります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA