• 鉄道模型レイアウトを楽しく作る情報サイト

高架レールとセットになる橋台と橋脚の製作をしました。

この場所は高低差がありますので、こんな組み合わせになります。
高架レールの全長は約1200mmです。レイアウトの配置の関係上
等間隔にはなりませんが、平均240mmに1ヵ所、柱で支えます。
製作方法はいつもの通り1mmのプラ板で箱組です。

高低差は29mmです。一番低い所(写真では右側)が59mmの高さです。
1200mmの長さで高低差29mmですので、
だいたい24‰(角度で1.38度)になります。
現実イメージだと、山陽本線八本松駅 – 瀬野駅間の
「瀬野八」越え(最大22.6‰)を少しこえるぐらいですね~。

それはさておき、橋脚には排水用のパイプも追加しました。
φ2mmのプラ棒を曲げて、取り付けています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA