きりたん

第56回を一片の隙間風景チャンネルにアップしました。

きりたん

3Dプリンターの製作の検証です。今回は精度の追求になります。

ひとひら

Nゲージサイズのため、どこまで小さくできるか?の見極めになります。
あくまで、現状の材料と3DPではという条件付きですが…

きりたん

それでは一番の見所は、精度の実例ですか?

ひとひら

その通りです。溝モールドの寸法や凸モールドの寸法。
製作時に歪ませないための手法です。

きりたん

次の課題は何になりそうですか?

ひとひら

硬化時の材料ひずみとバリの処理になります。
小さくなれば小さくなるほど、バリ処理が不可能になるので難しいです。
材料は… これは今後の技術開発に期待です。

きりたん

とはいえ、今回の精度ぐらいなら、Nスケールでも十分対応可能ですね。

ひとひら

そうですね。若干の調整はまだ改良の余地はありますが、
製作の選択が増えたことは良かったです。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる