MENU
きりたん

第60回を一片の隙間風景チャンネルにアップしました。

きりたん

レイアウト製作もいよいよ佳境に入ります。
レイアウトの顔ともいうべき駅モジュールの製作に入ります。

ひとひら

最大13両の車両が停車できる2面3線式のプラットフォームです。

きりたん

以前、プラットフォーム作っていた気がしますが…

ひとひら

はい、初期段階で製作していました。
ただ月日が流れ、色々変更したい所がでてきたので
リニューアル、新規製作となりました。

きりたん

色々経験値も貯まって、できる範囲が広がった感じでしょうか?

ひとひら

そうなります。今までトライして手に入れた知見を全て投入です。

ひとひら

基本は3D設計⇒3DP出力となるのですが、
3DPの出力で躓くことがよくあります。

きりたん

小さい部品や薄い部品、長い部品、丸い部品なんかは、
よく失敗しますね~。だいたい形状ができない、寸法精度が悪い。
といった感じですね。

ひとひら

Nゲージサイズはかなり細かくなりますので、家庭用の3DPでは
なかなか製作が難しいですね。限界ギリギリの所です。
今回はそんなギリギリをクリアするための考え方をご説明しています。

きりたん

後半は、実際に製作した試作レビューもしていますので、
そちらもお楽しみください。
前半は理屈的な説明が多いので、分かりにくい所は
是非、コメントに書いていただければと思います。

ひとひら

これから、3DPの需要はますます増えると思います。
恐らく同じ悩みで止まることもあるかと思います。
そんな時のご参考になればうれしいです。

きりたん

ちょっと理屈の多い第60回動画ですが、よろしくお願いします。
それでは最後に、試作したホームのいくつかの写真をお見せします。

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる