• 鉄道模型レイアウトを楽しく作る情報サイト

レールを固定するために、ベースの前処理をします。
ベースは、スタイロフォームのため、平面度があまりでていないのと、
材質が柔らかいため、レール固定時の安定性がよくないので、地ならしします。

レールの位置をマジックでけがきます。

けがいた場所に、シーナリープラスターを塗ります。
ヘラを使い、できるだけ面を仕上げます。後は乾燥するまで待ちます。

ところで…

このモジュール外したので、久しぶりに土台のアルミフレームが見えました。

こんなふうに組んでいます。

アルミフレームに関しては、近日、まとめて別記事でアップ予定です。
そちらもお楽しみに!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA