• 鉄道模型レイアウトを楽しく作る情報サイト

新カメラカーの車体、3Dプリンターで出力しました。

なお出力するにあたり、モデルを一部修正しています。
変更目的は、製作設備仕様に対応するためです。肉厚を0.6mm以上確保です。
修正前は0.5mm~0.4mmが多かったです。
あわせて窓の配置も見直しました。変更モデルはこちら。

こちらが出力したものです。

斜めフロントから

斜めリアから

【注目ポイントのご紹介です】

フロント部ピラーまわり、厚さ1mmです。細すぎて怖いくらい…

車体下まわり、

オープンデッキまわり、ひずみなく真っすぐです。0.8mmの枠です。

部品の組み合わせ。組付スキは0.1mmで設定。無事綺麗にはまりました!

後ろからも

台車をセットしてみました

今回使用している材料は、PA2200(ナイロン12)になります。
次はカメラなどの部品を仮組みし、合いの確認。
それが問題なければ塗装へと続きます。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA